自動車保険の販売方法

自動車保険の中には販売方法が違っているものもあるのですがご存知でしたか?

近頃やたらと保険料が安いのに、充実したサービスを行ってくれる自動車保険があるのですが、ご存知ですか?

これは実はダイレクト型、直販型の自動車保険と呼ばれているもので、代理店を通さず、店舗を持たずに、自動車保険の販売をしていることから、中間マージンや人件費の削減につながり自動車保険料を安くしているという自動車保険会社であるのです。

代理店では代理店を通しているのですから、その分保険料が高くなるのですが、しっかりとした対応をしてもらえるという安心があるのです。

しかし、近頃のダイレクト型もしっかりとした対応があるということで知られているのです。

自動車保険にこれから入るという人は代理店型の自動車保険なのか、直販型、ダイレクト型と呼ばれる自動車保険に加入するのかを考えて加入するといいと感じます。

直接自動車保険会社と契約をすればそれだけ保険料は安くなりますが、きちんとした対応をしてもらえるのかどうかを必ずチェックしてから加入するといいと感じます。

自動車保険のダイレクト型の方が保険料は代理店販売に比べると大変安くなっていることは歴然であるのです。

自動車保険は販売方法にも注意して比較してみるといいと感じます。
posted by 自動車保険本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険